5つの質問に答えるだけの借金相談シュミレーター

匿名・無料で利用できる借金相談シュミレーター!自分の債務の減額方法月々の返済額がいくらになるのかがわかります。

人に言えない借金問題の悩みは過払い金返還などの債務整理で解決できる!

債務整理の相談例から債務整理の流れを確認!

債務整理の実例24 【債務整理】

 

 

さて今週は債務整理についてお話を伺っていきます。

 

ご紹介するのは46歳女性のYさんの事情です。

 

Yさんご夫婦は結婚17年目と言うことで、ご主人はデザイナーをしているということで、結婚当初からよく職場を変わるということです。

 

理由はより働きやすいところ、給料の高いところをということなんですが、1年も経たずに会社を変わることも多く、ボーナスがない時もあり、退職金もない。

 

おまけに職場を変わって給料が減ることもあって、生活は楽ではない。

 

生活費を補うためにYさんはパートに出ることになったんですが、13年前にYさんは病気で入院し、パートができなくなったことで、生活費の不足分や入院費を補うために消費者金融からお金を借りるようになりました。

 

その後Yさんは退院したのですが、2年前より病気が再発しまして、通院するようになってパート収入が減り、また新たな借金が増えてしまいました。

 

13年前からの借金もまだ返済が終わっていないうえに、新たな返済が加わってしまったということで返済自体が苦しい状況。

 

借金をなんとか見直したら見直したら、金利が高いように思うのですが、何とかならないでしょうか?

 

 

 

Yさんの収支

 

収入は総額35万円。
夫の給与・・・22万円
Yさんのパート収入・・・13万円。

 

支出は総額39万6千円。
家賃、食費、光熱費、保険など一般生活費・・・26万円。
自動車ローン・・・3万3千円。
消費者金融返済金・・・10万3千円。

 

借入金合計6社・・・債務残高280万円。

 

A社・・・債務残高40万円  金利29.2%  取引開始平成6年
B社・・・債務残高50万円  金利29.2%  取引開始平成7年
C社・・・債務残高120万円  金利29.2%  取引開始平成7年
D社・・・債務残高50万円  金利29.2%  取引開始平成7年
E社・・・債務残高5万円  金利29.2%  取引開始平成17年
F社・・・債務残高15万円  金利29.2%  取引開始平成17年

 

 

すでに収入を支出が超えてしまっています。

 

このYさんの収支を見直してみると、消費者金融からの借入金が生活を圧迫しています。

 

これを何とか圧縮できれば、かなり返済を少なくすることができるのかなと思います。

 

そうすると、債務残高が法律上有効な債務残高になるのかどうか検討しなくてはいけません。

 

それと借入金利が29.2%とかなり高いです。

 

このままでは当然元本も減りません。

 

返済年数も当然長くなってしまいます。

 

このままでは収支が成り立たないということですね。

 

そのために法律上有効な債務残高を確定するには、各貸金業者、消費者金融から取引履歴を出してもらって、それで利息制限法という法律があるのですが、その利息制限法に決められた利率で計算しなおす必要がありますね。

 

見込みとしては計算をし直して、債務額が減ることもあるんですか?

 

金利が高いことと、取引年数も長いことを見ると、法律上有効な債務残高が減るのかなという感じがします。

 

 

 

実際どのように解決したのか見てみましょう。

 

A社B社C社D社の4社については金利が高いこと、取引年数が長いこと、今の契約上の債務残高がありますけれど、これがゼロになりました。

 

しかもまだ払い過ぎているお金、過払い金がありました。

 

 

 

A社・・・債務残高40万円  過払い金  96万円の返還で和解
B社・・・債務残高50万円  過払い金  73万円の返還で和解
C社・・・債務残高120万円  過払い金  計算上110万円あり
D社・・・債務残高50万円  過払い金  60万円の返還で和解
E社・・・債務残高5万円  残高2万円で和解
F社・・・債務残高15万円  残高11万円で和解

 

 

C社については、先方との話が折り合わず裁判をすることになりました。

 

しかも取引履歴を全部開示させることができなくて、契約書や領収書をもとにして推定計算をして110万円を導き出してC社に請求したのですが、C社はこれを飲まなかったと。

 

それで裁判になったらC社が110万円を認めて返還で和解しました。

 

E社とF社は金利は29.2%と高かったのですが、取引期間が短かったんですね。

 

それで債務残高は減ったものの、残高は残りました。

 

残った借金はE社F社で13万円。

 

戻ってきたのはA社B社C社D社で339万円。

 

だいぶ楽になりますよね。

 

13万円が残りましたが、過払い金の返還を受けましたので、それで完済をするようになりました。

 

結果としては借金がなくなりました。

 

夫婦で35万円の収入がありますので、借金さえなければなんとか生活できると思います。

5つの質問に答えるだけの借金相談シュミレーター

匿名・無料で利用できる借金相談シュミレーター!自分の債務の減額方法月々の返済額がいくらになるのかがわかります。

人に言えない借金問題の悩みは過払い金返還などの債務整理で解決できる!